高円寺で人気の老舗喫茶「ぽえむ 」の絶品フルーツサンド

古着屋やヴィンテージショップ、昔ながらの喫茶店やバー、さらにお洒落なカフェや異国料理店など色んな文化が混在する街、高円寺。そんな高円寺駅の近くで長年愛される喫茶店『ぽえむ Mano A Mano Coffee』。
この記事では『ぽえむ Mano A Mano Coffee』さんの魅力をご紹介!高円寺に行った時に行きたくなること間違いなし!

常に客が入れ替わる大人気喫茶店

訪れたのは平日の14時頃。平日の昼過ぎにも関わらず店内は満席。「ちょうど席が空きそう」とのことだったので5分程度待って入店。入口には「滞在は1時間でお願いします」との文言が貼られていました。

お客さんの話声と従業員の方が接客する声、さらにお店の電話も鳴り響いていたりと店内は結構ガヤガヤ。ゆっくりくつろぐ雰囲気というよりは、小腹を満たしつつおしゃべりする場所として利用した方が良さそうな雰囲気でした。

みや

みや

1人で喫茶店に入るのに慣れている僕には問題なし。慣れてない人はちょっと入るのに勇気がいるかも。

キッチンカウンターはないので、従業員の人とおしゃべりなんていうこともなかなか難しい。1人で入店したときは従業員の方とのコミュニケーションを楽しむよりも、本を読むなどして時間を過ごしましょう♪

ゆっくりしたいときは時間を見計らって入った方がよさそう◎

昔ながらの雰囲気の店内

50年の歴史がある高円寺の珈琲ハウス『ポエム』からリニューアルオープンしたそうです。外装内装共に木造の様子を残しているため、「昔ながらの喫茶店」の印象。ただ、従業員の方が全員若い人だったからか、内装の割りにイマドキ感がありました。

メニューを黒板に書いていたり、「喫茶店」のイメージを大切にされているように感じました♪

お皿も今風のシンプルなデザインとは違い、柄がたくさん入った懐かしいタイプ。ランプなどのインテリアもアンティークものが多く、懐かしい喫茶店を演出してくれています♪

絶品フルーツサンド

僕は季節のフルーツサンドを注文しました。
実は僕…フルーツサンドはそんなに好きってわけではありません(笑)なぜならクリームが甘すぎてフルーツの邪魔をしていたり、パンが分厚くもちもちすぎて素材の邪魔をしてしまってることが多いので…。

でも!「ぽえむ」さんのフルーツサンドは僕の常識を覆してくれました!!

イチゴ・マスカット・みかんといったフルーツはみずみずしい!生クリームは甘さが控えめでフルーツの甘さを邪魔していない!パンは少しパサッとしている薄切りなため主張が少なく丁度良い!まさにこういうフルーツサンドが食べたかったんだよー!っていうのを再現してくれていました!

まとめ(評価レビュー)

個人的評価レビュー
立地
5.0
お店の雰囲気
3.5
美味しさ
4.5
コスパ
3.5
総合
4.0

高円寺駅で時間が出来たときはここ!とにかく駅近であることが嬉しい!

店員さんの雰囲気も柔らかくて良い印象。忙しい店内の中でも、慌ただしさを見せず丁寧に接客してくれるので素晴らしいと思いました!ただ、人気店のため長居できない…。喫茶店ではゆったりくつろぎたい人にとっては残念ポイントかも。

喫茶店ではゆったりしたい!そんな人におすすめのお店

フルーツサンドは、フルーツがみずみずしい!クリームは甘さ控えめでフルーツの甘さを消さない!食パンがしっとりしすぎず主張が激しくない!「フルーツサンドってそんなに魅力を感じない…」と消極的だった僕が美味しいと思ったので間違いない美味しさです!コーヒーも飲みやすくて美味しい!

立地や接客、美味しさを考えると少々値段は張ってもコスパは悪くないと思います。

店舗情報

営業時間: 10時~20時

定休日: 2024年は火曜日が定休日

アクセス:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目44−5

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です